2017年10月01日

姿勢と呼吸。「ココロへ、「カラダ」からアプローチする必要性

〜目に見えない「ココロ」に「カラダ」からアプローチ〜


昨今の社会病理に代表されるものとして、メンタルヘルスの労災認定の請求件数は本格化。この現代特有の社会病理に対して、カラダからココロへの二層論的アプローチを実現する手立てとして、大阪市西区のパーソナルトレーニングジムFULLWELLとともに開発した「ブレスバンド」と、そのバンドを使った「ブレストモーションエクササイズ」。

健康経営をテーマに企業の働き方等に変化が起き始めているいま、脚光を浴びるマインドフルネス瞑想。ブレスバンドを使ったブレストモーションエクササイズが、2017年10月より東急スポーツオアシスでスタートしました。

ビジネスシーンではもちろんのこと、
スポーツの場面においてもプライベートの場面においても。

あらゆるシーンでココロをコントロール出来れば、
パフォーマンスは飛躍的に上がる。
それを成し得る手法が“ブレストモーションマインド”である。

たった15分の深呼吸が、人生の方向性を教えてくれる!?
一人でも多くの方に「ココロの健康志向」への意欲を持って頂ければと思います。

ブレストモーションエクササイズ.jpg
posted by 圓藤 政臣 at 00:00| Comment(0) | 思うままに。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。